おちゃわんのゆぎ オリジナル「金継ぎ」

あっつうう〜〜〜〜!
首に手ぬぐいを巻いてMac前の柚木です!

みなさんはご存じだろうか。
ゆぎのもう一つの仕事は「おちゃわんづくり」です。

家には上絵付けの用の大きな窯(重ねりゃ大人五人はレアにやけます)がふた〜つあるのです。上絵付けをやっております。最近、「金継ぎはできんか〜」「金継ぎやっとらんか〜」 と聞かれます。でも!みなさん、うちは窯があるのでどうか窯でやらせてください。「金継」というものは、窯無しでくっつけるにはと、手軽な(そうでもないけど)漆をつかったものです。

で、試作です。運良く(?)魚の茶碗が欠けました。これはシルバーが似合うので銀にしてみました。偶然「にゅう」が入って味が出ています。高温で使えますから食洗機もオッケーです。すごいでしょ?

魚のゴハンちゃわん魚柄です。瀬戸の作家さんの作品です。一目見て腰が砕けました。

コメント (2)

  1. ito-k より:

    魚・・・
    かわった割り方したのだねぇ〜

    ちゃわんも窯元だとこうしてお化粧されて
    いろんな顔を見せてくれるのねぇ

    素晴らしい〜

  2. haniwa より:

    シルバーでも金継ぎというのですね。ウム

    割れてずいぶんさよならしたお茶碗たくさんあります。
    覚えとこ。

訪問中 :
Fatal error: Call to undefined function counterize_get_online_users() in /home/sites/heteml/users/a/f/r/afrogs/web/mikanblog/wp-content/themes/mikan_blog/sidebar.php on line 106