【あかいつぶつぶの絵】 その1

このページのつぶ絵はダウンロードしてご利用頂けるよ!
【あかいつぶつぶの絵】ご使用について(クリックして必ず読んでね)

命を守るためにならご自由にお使いください。

原発反対デモでもおっけ〜!

愛のあるご使用をお願いいたします。

疎開にふみきれない人を責めたりに使っちゃダメです。

(人には様々な理由があります)



これは福島県の子どもを守りたい大人のために描きました。

周りの大人が知らないがために、守られない子ども。

子どもを守りたいのに、まわりに危険を信じてもらえなくて、疎開出来ないと聞いたからです。

学校への訴えにも使えると思いました。

守られるべき人に条件など何もなく!一人残さず被曝しないで欲しいのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すべてのおとなが、すべてをのりこえて、ごどもたちをまもれますように。










※販売、書籍などにお使いの場合はご相談ください。

著作権は柚木ミサトにございます。

コメント (142)

  1. uzu より:

    はじめまして。
    ミサトさんの絵をつい先日知りました。
    かわいらしいイラストなのに、現実の残酷さを伝えていてこころが痛みます。
    お友達にも師ってほしくてFBで紹介させて頂きました。事後報告ですみません。ありがとうございます!

  2. ぐりっぐ より:

    バンビさんの講演会で初めて赤いつぶつぶのイラストを見たとき
    言葉よりもシンプルでわかりやすいと
    思い
    今回ブログで紹介させていただきました

  3. 心に残る絵ですね。
    上記の会で使用させていただきますね。
    すべての大人が子供を守れるよう願っています。

  4. シュクルママ より:

    はじめまして!
    ミサトさんの赤いつぶつぶの大ファンです。3月10日(土)に愛知県名古屋市で310 さよなら原発アクションinあいち「いのちの集会」イベントがあります。会場内にキッズスペースを設けるので、そこで赤いつぶつぶを使って幼児から小学生向けに何かできないかなぁと思案中です。オススメありますでしょうか?
    DLした画像に文章とか勝手にいれてしまってもいいのでしょうか?本来なら著作権法違反ですが…不躾で申し訳ありません。お考えをお聞かせください。よろしくお願いいたします。

    • yugi misato より:

      お問い合わせありがとうございます!
      どうぞ、お好きに使ってください。
      よろしくおねがいします!
      福島の子どもたちを思って描きはじめたものなので、
      福島の子どもたちの事もみんなで思い出して話していただければなお嬉しいです^^

  5. 「学びの場」ネットワーク より:

    静岡県の島田市で、子どの未来を守ろうと活動しています。
    「すべての大人たちがすべてのをのりこえて子どもたちを守れるよう」
    のイラストを使わせて頂いています。
    ミサトさんの絵のメッセージ力は強く、本当に助かっています。
    事後報告になってしまい、申し訳ありません。
    これからも使わせて下さい。
    よろしくお願いします。

  6. 早瀬和宏 より:

    30年前から、反原発と言う意識で暮らしてきましたが、昨年の事故を境に、自己満足の段階だったなと反省しました。今後は機会があるかぎり、何が何でも反対の意思を、伝えて行こうと、思っております。柚木さんのイラストの使用を反原発の意思表明のために限って、御許可願います。まずは私のFBから始めます。よろしくお願い申し上げます。

    • yugi misato より:

      愛を持ってご利用頂ければと思います。^^

  7. 尾畑潤子 より:

    お寺の仲間たちと25年前から差別問題について考え、声を上げてきたグループです。昨年来、原発問題について「ニュースレター」をだしてきました。今回は瓦礫問題について考えてみたいと思い「赤いつぶつぶの絵・noyaki」を使用させていただけたらと思います。
    よろしくお願いいたします。

    • yugi misato より:

      よろしくお願いします^^
      出来たら見せてもらえたらうれしい。
      みんなにもお見せしたい。
      たくさんの人が、それぞれの考えでやってるいろんな活動があるよって。

      差別の問題について、私も考え始めています。

  8. 尾畑潤子 より:

    ありがとうございます。

  9. 尾畑潤子 より:

    赤いつぶつぶの絵をお借りして、「おんなたちのニュースレター」できました。ありがとうございました。
    よろしければお送りさせていただきたいのですが、送り先お願いできますか。
         

    • yugi misato より:

      ありがとうございます^^うれしい。
      いちど
      info(アットマーク)yugi.jpへご連絡頂けますか。
      @に置き換えてくださいませ。
      送り先返信いたします〜。

  10. アメリカからです より:

    高校生になる娘が自分の通う学校で、福島のための募金活動をしたいといっております。 みさとさんの絵を使用した物を販売したいそうです。  ご許可をお願いできれば、と思いメールしています。
    よろしくお願いします。 

    広瀬 

    • yugi misato より:

      うれしいです^^どうぞよろしくお願いします。
      お嬢さんに「ありがとうっ!」て伝えてください。
      遠くはなれていても、気にかけてくれる事がみんなうれしいと思います。
      福島の友だちにも、こんなことがあったよって伝えます^^

      うれしいなあ。もし、無理じゃなければっ!
      できれば様子や、販売するものが見てみたいです。
      写真を送ってくださると柚木、喜びます。
      良ければブログで紹介させてください^^
      info@yugi.jpまでいただけるとうれしいです。

  11. アメリカからです より:

    どうもありがとうございます!

    販売する物等、写真を撮りましたらメールで送ります。

    広瀬

  12. はじめまして。北海道上士幌町の住民グループ「かみしほろ5000本のひまわりの会」事務局の秋田と申します。当会ではこの夏休みに、主に福島県の小中学生を対象に、内部被曝を少しでも軽減してもらいたく、ホームステイ受け入れの準備をしています。その告知のチラシに柚木さんの絵を使わせていただきました。事後報告で申し訳ございません。ありがとうございました。

    リンク先に作成したチラシをUPしております。また、ささやかな額ではありますが、投げ銭させていただきました。併せてお手すきの時にでもご確認いただければ幸いです。

    それでは、これからもよろしくお願いいたします。

  13. みん より:

    公民館で「放射能汚染と付き合う」という主催講座をします。そのポスターなどにつぶつぶを使わせていただくことはできますか?

    • yugi misato より:

      ありがと〜。どうぞ、いのちを守るために愛を添えてお使いください。よろしくおねがいします^^

  14. きこりん より:

    放射能から子どもを守る岩出山の会と申します。

    6月17日に「放射能についての学習会」を行う際に、
    受付などにつぶつぶの絵を貼らせていただくことになりました。

    今後も活動の際には、使わせていただきたいと思っています。

  15. 小久保圭介 より:

    はじめまして。
    ブログに貼らさせていただきました。
    ありがとうございます。

  16. 狩野繁治 より:

    明日8月10日(金)午後7時30分から山形市中心部で「幸せの脱原発ウォーキング・第二回目」を行います。先導車両に柚木さんの「赤つぶ絵・まもろう」を使わせてください。
    県内には避難者がまだ1万人以上おり、特に福島からの自主避難者の苦悩はまだまだ続いています。
    1回目は若いお母さんたちも参加してくれて約40名でした。
    シュプレヒコール無しのゆるーいウォーキングです。
    これからも続けて行く予定です。

  17. 松井 より:

    はじめまして!!
    柚木さんの【あかいつぶつぶの絵】 その1のtuyokunarou2-212×300.jpgを「原発の無い社会へ」をタイトルとした講演会のチラシに使わせていただきたいのですが宜しいでしょうか?
    よろしくお願いします。

  18. 初めまして。
    土岐市のお隣にあります愛知県瀬戸市のグループです。
    明日の勉強会でみさとさんのイラストを使わせてください。

  19. 岡田正和 より:

    初めまして。
    鳥取県鳥取市で毎週金曜日に脱原発系デモに携わっている者です。
    このデモへの呼びかけのチラシにみさとさんのイラストをいただきます。
    ありがとうございます。

  20. norayamaiko より:

    はじめまして。
    こんど福岡で小さな子供さんを持つお母さんたちと月一回の教室を開きます。
    内容は放射能ではありませんが一人でも多くのお母さん方に放射能の実態を感じて、子供たちを守れるよう考えていただけたら・・・と思っています。
    瓦礫問題もあり、九州といえど同じ日本。
    けっして他人事ではなく今も被災地では放射能の恐怖が続いています。
    misatoさんのイラストを教室に貼り、一人でも多くの方に見ていただきたく思っています。
    赤ちゃんの「こういうこと」
    給食を食べるシーン
    野焼き
    「すべての大人たちがすべてをのりこえて子どもたちを守れるよう」
    の4点を貼らせていただいてもよろしいでしょうか?

    • yugi misato より:

      どうぞ、愛たっぷりふりかけてお使いくださいませぇ。^^

      • norayamaiko より:

        ありがとうございます。
        愛たっぷり〜ですね。
        misatoさん、これからも愛のこもった作品を生み出してください。
        私も愛を忘れず、未来ある子どもたちを守っていきたいと思います。

  21. makino より:

    はじめまして。
    赤つぶイラストを初めて目にした時からのファンです。
    こんど、富山県で「未来市民文化祭」というイベントを開催します。
    これは、原発やがれき、オスプレイなど、変な日本には堂々と変だと言える場所づくりをしよう、というイベントです。
    当日無料配布するパンフレットのなかの内部被ばくについて書くページに赤つぶイラストを使用させていただきたく、書き込んでいます。
    一目でみて心に訴えかけるこのイラストで、目に見えない放射能の危険に気付いてくれる人を増やしたいのです。
    よろしくおねがいいたします。

    Facebook http://www.facebook.com/miraitoyama2012 
    Twitter @mirai_shimin

    • yugi misato より:

      どうぞ、おつかいください。
      よろしくおねがいします^^

  22. 二葉 より:

    はじめまして。
    この度mixiで内部被ばくに関するコミュニティを立ち上げる際に、
    ミサトさんの「給食を食べている子供」のあかつぶ絵をTOP画像として
    使用させていただきました。

    twitterやネットで何度もお見かけするミサトさんのあかつぶ絵。
    きっとこの絵なら気づいてくださる方がいると思っています。
    使わせていただき、ありがとうございました。

  23. 古屋龍巳 より:

    はじめまして。古屋と申します。
    それまでも自本の原発事業については大きな疑問をもって見ていたのですが、昨年の原発事故以降疑問が危機感に変わってしまいました。
    年明けより有志で勉強会を立ち上げるにあたり、広報資料に柚木様の作品を使いたく、許可していただきたくお願い申し上げます。もちろん利用規定を順守するとともに、柚木様の意図に反した利用はしないことをお約束します。

    掲載は http://anzen-seikatsu.net/
          http://anzen-seikatsu.net/11.html
          および、印刷チラシとなる予定です。

    よろしくお願い申し上げます。

訪問中 : 2/本日 : 118/TOTAL : 116529

generic flomax http://shippingtadalafil.com/buy-lipitor-online