おやつを干しました。

 

父と干し柿の話になって「自分で作った」と聞き
一箱買ってきたんですよ。

ちまちま剥いてたら、父も軍手をはめて来て参戦。

父は子どもの頃一晩に三百個むいたそうです。
山の中に柿の木があって、木が高すぎて誰もとらないから友達が登って、父が拾う。毎年。
「そりゃぁ〜、うまかりょ〜た」
そうですか。
「そりゃぁ〜、うまかりょ〜た」
そんなに美味かったんだ。
その時の味になるといいね。

70年間おそらく誰にも話さなかった子どもの頃の話。
その友達は、今でも遊びに来る。
おじいさんになっても。

吊るし方も教えてもらって、吊るされた柿の姿に満足。

よろしければコメントを残してください

訪問中 :
Fatal error: Call to undefined function counterize_get_online_users() in /home/sites/heteml/users/a/f/r/afrogs/web/mikanblog/wp-content/themes/mikan_blog/sidebar.php on line 106