生きかえりつつある

必死は必ず死ぬと書く。

身体のことじゃなくって、心が部分的に死んでいく。

気絶するのかもしれない。

クマムシみたいに休眠する。

心はカラカラに乾いて守りに入る。

自動的に休眠していくからわたしには何が減ったのかわからない。

無事に守りきったらしく、すこしずつ水分をふくんで心が甦りつつある。

(クマムシは乾燥して死んだようになってもお水を与えれば蘇る)

ついでに、幼少の頃から乾眠してた心も生きかえってきてる。

まいにち、すこしずつ産まれている感じ。

うれしい。

 

乾眠状態で身動き取れなくても、心が何にも動かされなくても

「これじゃぁだめだ」

「はやくなんとかしなくちゃ」

と、焦らなくともきっと流れ着く目覚め。

焦ったから、回り道して検証したから流れつけた目覚め。

その人に似合った方法で、きっと流れ着く目覚め。

とにかく、

「ああ、どうだってだいじょうぶなんだなぁ」に

流れ着くのだと思う。

 

クマムシwiki(すごいよ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%A9%E6%AD%A9%E5%8B%95%E7%89%A9

よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :
Fatal error: Call to undefined function counterize_get_online_users() in /home/sites/heteml/users/a/f/r/afrogs/web/mikanblog/wp-content/themes/mikan_blog/sidebar.php on line 106