父が亡くなったこと

一週間の関東オヨヨ(たのしいかった)旅を終えて帰って数日後に父が亡くなりました。

急なことでもあり、予兆は今となってはあちこちにあった。

私は、

魂は身体という器に入るもので

今世が終わり休憩して来世へと冒険を続けることを、

なぜかサクッと信じています。

後悔はないし、淋しいけどあの世での父を想像するとうれしい。

幸せそうでしかない。

子どもが手元から離れてしまった時、

母が亡くなる時、

そして、父が亡くなるという大きな出来事は

今、何が必要か、何に心を向ければ良いのか教えてくれる。

お父さんお母さん、ゆず(チワワ)また会う日まで。

鶏の丸焼きと、カニ、食べさせたかったな。

豚のマメは、京都の熊本復興イベントで偶然知り合った

香心ポークさんに送ってもらって滑り込みセーフだった。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに、

お葬式は、母の時もお世話になった近所の葬儀場で行いました。

こういったシステムは、

私が幼少の頃から悶々としてきたことのオンパレードで、

二度目にもかかわらずいちいち新鮮にむかつくのですが、

変わってないということは社会のニーズを満たしているわけで。

この53年弱「よくぞごぶじで」と自分をねぎらいました。

この社会を生きるには、まあまあやっかいなわたくしです。

ご用意されている選択肢が、しょぼくてダサいのにめまいがして

本当に倒れました。

わたしも懲りたなら準備しとけよ。

次こそは、と思いますが順番では自分の葬儀です。

 

よろしければコメントを残してください

*

訪問中 : 1/本日 : 36/TOTAL : 154502