全ての人が認識を改めれば子供は傷つかない。

ごめんよ〜!

なんか離婚ネタばっかで!

これでもお母ちゃんなもんで、色々考えちゃう訳よね。

これは内緒にこそこそ考えるっていうのが、わたしの主張ともう違っちゃうんで公開してます。

離婚は明るく語られるべきです!

子供は親の愛をの〜天気に障害なく受けられるのがあったりまえ〜!ってシリーズの話ですのことよ。

私も考えながら書いているのでまとまっていなくて申し訳ないけど!

まずは自分が離婚した両親を持つ子供である人たちに話を聞いてみた。

誰もがまず、「離婚してしまった両親やその家族は対立してる、片方の家しか選択肢が無い」ところから始まってる。

それが仕方がない当たり前の事としてあるんだね。

日が上って沈むように。

でも、そうでなかったら?って考えてみて。

日が昇って沈むように、他の事で子供の権利(と、いうより心だね)が守られるように

当たり前の事としての認識がこの世にあったら?

は?何言ってるの、子供がどっちいっても行き来しても両方協力することがあたりまえやん、学校でも習うでしょ?

て、感じだったら?

友達とケンカした話みたいに、子供が離れてる親へ思ってる事を家で話すのが当たり前だったら?

近所のおばちゃんも、先生も、おまわりさんも、学校の友達も、

「別れちゃっても子供にとって両方大切な親でその家族も家族で離婚親同士は

子供のために自分のエゴを捨て、平和に交流するのが当たり前」だと

思っていたら?

子供と引き離された以上に、それを理解されない壁を崩す苦労が一番大きい。

誰に何を言っても、理解されない。

私と娘だけの問題でないんだ。

私は私の考えのもとに動く。

理解されなくても子供の心を解放するために動く。

うまくいえてないなって思う。

うちのケースは虐待とかないんだ。子供がどっちの家庭にいても。

娘が居る家庭も私に会わない事が子供のためと思ってるから。(これも愛であるには間違いない)

子供のメンタルも娘が今の家族を信じる事で守られてるんだ。(信じられるだけの愛情を受けているのがわかるね)

けど、それは今の状況しか選択肢がない上での平和なんだ。

子供が大人の考えを理解しようと骨折った上での平和なんだ。

もっと平和があるの。その平和は当たり前なのに与えられない。

誰もが心から解放されるのに。

==================================

私の娘のが一緒にいる家族も家族の絆を守ろうと必死だと思う。

それもまた

「家族は一カ所でまとまらないと壊れてしまう。」

大昔からの「家族の定義」の刷り込み

自分たちも離婚親の子供あり、小さな頃から心に強いられて来た辛かった事を乗り越えた経験

「離婚してしまった両親やその家族は対立してる、片方の家しか選択肢が無い」ところからしかスタートしていないように思う。

私も娘に対して、その家族に対して自分の心との葛藤はあるが、

問題なのは当たり前に子供の幸せが守られない優先順位が「当たり前」になってる今の世の中の考え方だと思う。

これが変わったとき、娘の居る家族も娘も、全ての離婚親の子供たちが心に何の曇りも持たず

関わる全ての人がすすんで手を取り合えると思う。

だからわたしはそこを目指したいの。

「そんな事無理」って?そうじゃない。

心一つの事だもの。

子供の心は、無理な選択を自分で信じ込みねじ曲げて対応して来てるんだよ。

大人にできないはずがないじゃないか。

【本日のイラスト】

おとうちゃんの子供が生まれた報告にコメントする長男

よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :