選挙のこととか

わしゃ、昔からけっこう厳しかった。(人からどう見えとるかはしらん)

「自由は本人のしこたま努力と自己責任を伴う。」

自分さえ強くあればできる、自由はリスクとともにあるもんだと思っていきてきたけど、

それは違うんじゃないかと思うようになった。

震災の後、いろんな人を知って、世の中の状況を身近に感じて

たくさん考えてみてしこたまの努力でも越えられんことがあるのだと思った。

自分もやりたくない無理をいっぱいしてたことに気がついた。

しかも、

そもそもそんなに努力が要るのがおかしいのでは?とも考えるようになった。

自分だけできればいいわけでないし、

もっと、楽に出来ていいんだって思うようになった。

改善点の多くは自分自身の中に在るのだけどね。

今日は選挙のこと考えてるから、自分の外のこと。

 

せっかくだし、私も政治や法律を活用したい。

まさに、これらは

「人々が自由に生きるのを、

他に迷惑をかけず調和を持って行なうため』にあったんじゃないのきゃ。

いつの間に「人々が自由に生きる」の前文が抜けたや。

で、

のびのびと生きるため、法律や仕組の自由度を上げるには、

賢くならんといかんなあ。

やっぱ、みんながよくばりや、いじわるじゃダメじゃのぉ。

未熟な段階を待てるよう、許容が深く、おおらかでないと難しい。

そういうプロセス自体を楽しめるとなおいいねぇ。

その時間も大事な人生やでね。

(こないだツイッターで政治家に限定した発言を補足)

おおらかに取り組んでいきたい。

NO!ばっかじゃなくって。

嘲るのも皮肉も楽しくないしな。

政治は作戦だから、楽ちんにやる手だから、

この仕組の改善要求が、目的や頼みの綱になるとイヤなんだ。

世の中が壊れても(壊れとるけど)オロオロしんでもええように、

自立しながら使いこなすものだと思う。

便利だからリスクもあるので、それだけに頼ってしまわんように。

私には、自分への添え木のイメージ。

イザという時の主導権は渡さないでいいように、

「任せてもらって大丈夫だよ。」ってところをはっきりさせたいのが目的。

私は「私たちの願うように決めてくれ!」じゃなくって

「私たちの考えで、社会をつくっていく自由を与えて欲しい。

それを深め支える義務を各県市町村に持たせて欲しい。」と思ってる。

個性的な町や村が出来る。

みんな違ってみんないい。

つくればいい選べばいい。

 

去年の選挙で描いたイラスト。

次は成熟したチームワークを発揮したい。

きゅうりちゃんには選挙権無いけど、けっこうはりきったよ。

 

よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :