橋の下世界音楽祭

描いたよ!

5

アクシデントに弱らない、懐の深い音楽祭でした。どんなアクシデントもものともしない魂の歓喜。魑魅魍魎もどうぞご一緒にと、歓喜の力で引き上がっていく。「ええい!めんどくせえ、全部抱えて上ったる」被った波踏みつけて上へ上へと上っていく感じがした。会場にはそんな妖怪がいっぱいいた。そして、こんな絵がかけました。

ずっとうだうだ考えて、それが目指すところは「魂の歓喜」なのかもしれん。
「魂の歓喜」なんていうと、何言ってんだかわかりにくくなるようだけど、やっぱり言い得てると思った。

よろしければコメントを残してください

CAPTCHA


訪問中 :
Fatal error: Call to undefined function counterize_get_online_users() in /home/sites/heteml/users/a/f/r/afrogs/web/mikanblog/wp-content/themes/mikan_blog/sidebar.php on line 106