共謀罪 改憲 原子力 武器輸出 安保法案


いらんことがハイスピードで無理やり決まる。
自民党さんは「改憲のための立ち上げた党」なんで、
ブレてないっていうか、
多分このタイミングで自分たちが切望する改革しないと
世論がコントロールできないと思ってるってのが、
説明のつく見立てではないかと思う。


意識的には戻りたいんだと思う。
人々にコントロールが効いた時代に。
(自民的には誇り高く他国より優れた日本国民意識「僕たちは特別!」へ)
当然目指す未来と思っていた自由や多様な生き方は
その思想から見たら堕落なんだろうな。
上の方の人は猛烈に偏っていて、
自由と民主主義の定義が世界の流れと違う。
イデオロギーの押し付けがどこよりも強くなる。
堕落から目覚めたら皆美しい自由に歓喜するだろうと。
(書いてて気持ち悪いけどまあまあマジなんで困る)
そのための準備は1955年から粛々と進められてきて、
まんまと巻き込まれた形に。
現に、従わざるを得ない状況になっておろうが。
抗うと身近にいざこざが起きる。

世界では異なっていることを権利として
応援していこうとしているのに、
わがままや異常として押さえつける。
それで自由といえるのか。

 



ほんとうに、いがみ合ってる時代じゃないと思う。
正義は狂気だ。自民党の執念を見て思う。
もっともチカラを持つのは無敵なのは
慈悲でもなく愛しいと想う心だと私は信じる。
慈悲の心は苦しみから救うこと。
(もちろんおおいにけっこうなこと)
追い詰めないで、苦しみに落ちる前に、
あなたがいつももっと満たされるようにと願うのは
愛しいと想う心。
何がどうなっても変えていくのだけど、
私たちがこれ以上殺してしまう前に
変わりたい。

よろしければコメントを残してください

*

訪問中 : 0/本日 : 35/TOTAL : 149930